病気にならない対策をしよう

予防歯科について

本当に信頼できる良い歯医者は、治療だけで終わりになりません。
最後に、虫歯や歯周病にならないための方法を教えてくれます。
予防歯科にも積極的であることを条件に、歯医者を決めてください。
歯の磨き方を改めて聞くと、これまでの方法が間違っていたことに気づくかもしれません。
ずっと間違った方法では毎日繰り返しても意味がないので、病気の原因になります。

さっそく今日から、正しい方法を実践しましょう。
また歯の磨き方だけでなく、毎食後に磨くことや、口内に汚れを溜めないことも守ってください。
歯磨きをした後に間食をすると、口内に汚れが残るので歯磨きの意味がなくなります。
糖分が含まれるジュースやお菓子を摂取した後は、すぐ歯を磨きましょう。

おすすめの歯磨き道具

歯を磨くための道具は、ドラッグストアに行くとたくさん販売されています。
その中でどれが自分に合うのか、判断するのは難しいかもしれませんね。
ですから歯医者に、おすすめの道具を聞くのが良い方法です。
歯医者が良いという道具なら、口内の汚れを完全に除去できるでしょう。
歯ブラシや歯磨き粉だけでなく、糸ようじやマウスウォッシュを使うのも良い方法です。

全体的に歯を磨いた後に、汚れが気になる部分を糸ようじで仕上げたり、マウスウォッシュで歯にフッ素をコーティングしたりしてください。
虫歯菌が増えやすい夜に、歯にフッ素をコーティングすることが大切です。
そのため1日の中でも、特に寝る前の歯磨きを徹底すべきだと言われています。